LED照明を通じて快適な環境を提供します。

LED照明とは

LED照明の将来性

LED照明の現在、そして将来性

  • 現在LEDは信号灯、道路交通表示板、携帯電話のバックライト 、自動車のテールランプ等に利用されています。
  • 一般サインボード(駅看板、ビル看板)、各種ショーケース、自動販売機、街路灯への需要が見込まれています。
  • 2015年には一般家庭の照明器部具もLEDに変わると予測されています。

LEDイメージ

地球温暖化防止のために

環境イメージ

  • 照明の省エネについて考えたことがありますか?
    実は、商業ビルでの照明器具は全体の約30%少しでも省エネを心がければ、光熱費削減ができ、環境にも優しいことは間違いありません。
  • 今、世界的に地球温暖化に懸念が広がっており、温暖化の原因であるCO2を削減する指標として「京都議定書」が発行され、日本は「6%削減」を約束しており、省エネやCO2削減は急速に取り組まなければならない問題となっております。

時代が求める省エネルギーとCO2削減の実現へ

  • 地球温暖化防止のための省エネやCO2削減は個人も勿論の事ですが、企業が優先して取り組む姿勢を見せる事が重要とされております。
  • 省エネやCO2削減は照明分野におきましても取り組まなければならない問題となっております。そのひとつの解決法がLEDを使った照明と言われています。
  • 照明をリニューアルする事で省エネやCO2削減以外にもメリットは沢山あります。

照明リニューアルのメリット

LEDイメージ2
快適性
まぶしさ、チラツキを抑え均一な明るさを確保
安心、安全性
経年的に劣化した器具等の点検、取り替え
食堂、調理室には衛生面、
安全面を配慮したランプ
イメージアップ
テナント入居率の維持向上、職場環境の向上
利便性
管理の省力化、管理コストの削減
省工事
迅速性を要する工事に対応した器具選定
バリアフリーへの対応
高齢化社会への対応
新法規への対応
省エネ法、消防法等への適合機種の採用
省エネ性
省エネ機器の導入によるランニングコストの軽減

LED照明のメリット

LEDイメージ3
高輝度
鮮やかさ、明るさを保つ
直流 低電圧 省電力
コストが少なく、環境にもやさしい
熱線、紫外線が少ない
虫が寄り付きにくい
展示物などが変色しない
生鮮食料品が劣化しにくい
器具の小型化
設計や、デザインの自由度が高い
調光、点減が自在
瞬時に明るくなるので、利便性が高い
防水構造が容易
屋外など、様々な場所で使用可能
低温で発光効率が低下しない
空調設備への負担を低減
長寿命
白熱電球の約20~40倍、蛍光灯の約5倍ももつため、交換の手間が省け、経済的
ページの先頭へもどる↑